ドライブ

記録です、不快な方はスルーして下さいね、。

不思議な感覚

昨日また打ち合わせで、康明さんのマンションへ。


カーテンを取り替え、お部屋のあちこちのイメージをか変えていき、

前回よりかなり居心地の良い空間になってきました。


前回、、、、あんな事になり^_^;


その帰り、、


康明さん『◯◯って呼んでいい?』


私の下の名前、、。


私の『いいですよ。^_^ じゃあ私は◯◯さんって呼んだら良いですか?』


康明さん『僕の名前は好きに呼んでくれていいよ』


そんな事言うのが、不思議な感じでした。


きっと、女性関係色々ありそうだし、独身で、色々とセンスもいいし。


前回送ってくれた車、外車だったし、


既婚の私に『ほんとうに』興味があるとは


思えない。


だから、名前の事、、びっくりしました。


康明さん『会うたびに、もっと知りたくなる』


そんな事も言ってた。


仕事になると、本当に、、私たちは前回あんな事になったのか、、というくらいに

普通にお仕事モード


私も淡々と仕事をして、お金のやり取りもキチンとして、


仕事が終わって、また康明さんはコーヒーを

入れてくれた。


帰る時間が迫っていて、少し急いでコーヒーをいただき、


なんとなく。ドキドキしながら、帰り支度。


わたし、期待してるなぁ〜。。。


^_^;


玄関に行って靴を履く。


あれ?今回は何にもないな。。。^_^;


そっか、そういうものなんだな。。


遊び、、みたいな、ちょっとした、大人のお付き合い、、、、なんだよね、、うん。


わたし、バカだなぁ。。、ほんとに。


ちょっと体温が下がった気がした。


はやく帰ってしまおう。なんだか、悲しい氣持ちになってるし。。。


帰り、うまく帰れるかな。


靴を履く間、色々考えた。


もうここに来る事もない。。


ドアの鍵を開けて、、


前回は駅まで車で送ってくれたけど


今回はこのままかぁ。。


『では、ありがとうございました!^_^失礼いたしまーす』


と、外に出ました。


康明さん『うん』


と、だけ。^_^;


エレベーターを待っていたら、

康明さんも部屋から出てきました。


お買い物にでも行くのかしら。


と、思ったら後ろから抱きしめられ、、、


ココ、外ですけどーーーー\(//_//)\


わたし『あの、すみません、ここ、外、、』


康明さん『、、、、』


手を引かれてまた、部屋に戻りました。。


玄関で鍵を掛け、また抱きしめられて。(@_@)


また、あのキス。。


わたし『帰らないと、、』


康明さん『仕事、頼んだのは、仕事だったら、会えると思ったから』


えーー。。。、


この人、いったい何。。??


真面目に言ってるの??


結局、、ベッドルームに連れていかれ、、。


そして、帰りにまた車で送ってくれました。


康明さん『どんどん好きになっていくんだよ』


わたし『でも私、結婚してますけど、。』


康明さん『だから、連絡もなかなか返してくれなかった?』


わたし『そうですね。、』


康明さん『そんな事考えてるんだと思ってた』



こんな会話、、してる事が不思議な、、。


でも、お仕事終わったから、

次に会う

予定は何もないです。